2021/04/16

鉛筆画■キャンディ■012

前回、最後に塗り終えた作品です。

056_20210416080401

下の赤の部分を塗り進めていく前に、ちょっと工夫を。

原版も描画もグリッド線で表示。このソフトには、そんな便利な機能があったんです。【ヘルプ】で見つけました。これで、ほぼ正確に描画ヶ所を特定することができるようになりましたよ。

今までは、引いた線や塗りが原版で確かめたらズレていたことがなんどもあって、随分描き直しをしましたねえ。こうしたやり直しは、ひどくストレスが溜まります。

このグリッド線で表示のことを【グリッド図法】と言います。ま、私の思い付きのネーミングですけどね。--)

061

【グリッド図法】で赤い部分を描き進めます。

058_20210416080401

結構、短い時間で全体を塗り終え、微細な箇所のハイライトや影をつけていきます。この段階の追筆作業が一番楽しい。

 

057_20210416080401

【グリッド図法】で、かなりスムーズに塗ることができるようになりました。楽しい。~0~)

 

059_20210416080401

060_20210416080401

 

062_20210416080501

063_20210416080501

今回は気分良く、悪夢のようなシワシワ部分も、なんのその、2スパンを塗り終えることができました。【グリッド図法】のおかげです。今週はここまで。

064_20210416080601

下は参照している写真原版です。

Photo_20210416083001

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

2021/04/09

鉛筆画■キャンディ■011

前回、最後に塗り終えた作品です。

051_20210409074801

引続き、赤の部分を描いて行きます。

052_20210409074801

053_20210409074801

054

055_20210409074901

なんとか、色を埋めることができました。細部を修整していきます。

055_20210409074902

原版の赤色部分を凝視し続けると、とても疲れる。だから、ちっとも進まない。今回のヶ所は一番しんどかった塗り作業だったかもしれない。毎回のボヤキですが、、、。(苦笑)

056_20210409074901

下は参照している写真原版です。原版と比較すると、最後の絵は塗り急いだせいか、ハイライト部分の明るさが弱いような気がする。しかし、これは最終作業で修正するつもり。気分的には、全体の塗りを終えなければ落ち着かないからです。

Photo_20210409075101

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

2021/03/26

鉛筆画■キャンディ■010

前回、最後に描いた緑を塗り終えた作品です。

046_20210326080701

赤い部分を塗り潰していきます。

047

048

049

050

こうして作業順に絵を並べて行くと、あまり大きな変化がありませんが、ジワジワと赤の描画領域が増えているんですよ。--)

実は原版を観察する時間が多くて、情けないことに、1日に描く部分はほんの少しだけ。眼を酷使するので相当疲れます。

050_20210326080801

この赤いシワが密集しているヶ所は、かなりの難物。描いてから原版とくらべてみたら、全然違うところを描いていたりしています。(笑)

はい、限界です。今日はここまで。なかなか調子が取り戻せない。

051

下は参照している写真原版です。

Photo_20210326081101

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

2021/03/19

鉛筆画■キャンディ■009

  前回、最後に描いた緑を塗り終えた作品です。

042_20210319062301

赤い帯を塗っていきます。

043_20210319064001

 

044

045

ここにきて、赤色の陰や影、折返しやへこみの位置が混乱して訳がわからない。原版を一生懸命観察しているのですが、眼が疲れて集中力が続かないよう。えーい、今日はここまで。気分的にはまだ本調子ではない模様です。

046

<p>下は参照している写真原版です。</p>

Photo_20210319064701

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

2021/03/11

鉛筆画■キャンディ■008

前回、最後に描いた作品です。

038_20210311202601

緑のラインをひたすら描き込んでいきます。

039

040

041

ハイ、緑のラインをすっかり埋めました。少し調子が戻ってきたような。切りのよいところで、今日はここまで。

042

下は参照している写真原版です。

Photo_20210311202801

 

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

2021/03/05

鉛筆画■キャンディ■007

前回、最後に描いた作品です。

033_20210305141101

【線画レイヤー】を試しに消してみました。最終的には【線画レイヤー】がなくて十分形が表現出来ているような気がします。

034_20210305141301

下の包紙に移り、緑の箇所を描いていきます。

035

 

036

037

ここまで描いていつもより集中力が維持できない。母の死後の区役所に返却する【後期高齢者被保険者証】など、様々な雑多提出書類や手続き等々、時々思い出されて落ち着きません。で、今日はここまでです。

038

 

下は参照している写真原版です。

Photo_20210305141301

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

2021/02/26

鉛筆画■キャンディ■006

前回、最後に描いた作品です。

031_20210226082501

032_20210226082501

 

上のキャンディーの緑をほぼ描き終えました。まだまだ、細かな所を修正したい気分ですが、入院していた母の容態が厳しい状態になったとの病院からの連絡があったので、描画作業は中断です。

033_20210226082501

 

下は参照している写真原版です。

Photo_20210226082601

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

2021/02/18

鉛筆画■キャンディ■005

前回、最期に描いた作品です。

025_20210218200901

緑の色を塗り続けます。

026_20210218200901

今まで描いた個所で気になったところを加筆。なかなか、新しい領域に進めない。

026_20210218200902

描く手順を変えてみました。ベースの緑を消し、一番濃い影の部分から。

027_20210218200901

028_20210218201001

ああ、この手順のほうが描きやすいし、緑色の混ざり具合もスムーズ。

029_20210218201001

029_20210218201002

030_20210218201001

大きなブロックを描くのに1週間以上かかっていたのが、なんとか4、5日で描けるようになりました。この種の題材の時はベースの色は不要、一番濃い影から描き始める、ということが確信持てた。でも、描くのは1日二時間が限度。それ以上、熱中しても眼がチカチカして影と陰、色の濃淡の違い曖昧に見えてきて、デタラメに描いてしまいがちです。

031_20210218201001

下は見本の原版写真です。

Photo_20210218201101

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

2021/02/11

鉛筆画■キャンディ■004

前回、最後に描いた作品です。

017_20210211203501



019_20210211203501

020_20210211203501

 

金色のトーンは迷ってばかり。基本の色が定められない。ここで一番濃い色から描く事に方針変更。そうすると金色のトーンも定めやすくなるはず。一番濃い色は緑黒色。その色から描いていく。

022_20210211203501

金色は後回しです。

 

023_20210211203501

キャンディは1個にしておけばよかったかなあ。

024_20210211203501

ここまで影や陰、反射や折り目が細かいと、描いている途中で何が何だかわからなくなってしまう。方針を変えてから、ここまで描くのに、ほぼ1週間もかかっています。だが、地獄の色塗りはまだまだ続きます。キャンディは1個にしておけばよかったかなあ、とまたまた性懲りもなくボヤキが口をついてでる。

025_20210211203501

下は見本の原版写真です。

Photo_20210211203601

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

2021/02/04

鉛筆画■キャンディ■003

前回、描いた線画です。

009_20210204201601

次は緑色のベースの彩色です。

010_20210204201601

011_20210204201601

012_20210204201601

013_20210204201601

最後に金色のベースの彩色です。描く調子を確認したいのでグレーの背景レイヤーを追加しました。

014_20210204201701

さて、ベース三色の彩色が終了しました。
どの色から仕上げていこうか迷いましたが、金色に表現できるか試し描きを兼ねて黄色から仕上げていこうと思いました。

015_20210204201701

黄色と茶色でトーンを変えて描いていきます。

016_20210204201701

まあ、金色に見えなくもない。ただ、途中で黄色の濃度がこれでいいのか自信がなくなった。
思い出した!鉛筆画の基本である一番濃い色から仕上げていけば、自ずと明るいトーンを決めていくことができる。基本をすっかり忘れているなあ。

017_20210204201701

黄色の彩色はストップして、次回から一番濃い色、緑黑から仕上げていこうと考え直したところで、本日の作業はここまでです。
以下が見本の原版写真です。

Photo_20210204201701

画像をダブルクリックしたら拡大画面でご覧いただけます。

--------------------------------------------------------

ペイントソフト:ArtRage5

ブラッシツール:鉛筆・消しゴム

ペンタブレット:Deco Pro M (XP-PEN社)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧