« 【昭和の人たち(02月01日が誕生日)】※敬称略※物故者略】 | トップページ | 【昭和だった人たち(02月02日が命日)】※敬称略 »

2021/02/01

02月01日の【昭和の出来事】

1989年(昭和64年)●全国52の相互銀行が普通銀行に転換。
1987年(昭和62年)●北海道の国鉄広尾線(帯広~広尾間84キロ)が廃止。ブームになった愛国駅と幸福駅が廃止に。
1983年(昭和58年)●老人福祉法改正。70歳以上の医療無料制を廃止。
1982年(昭和57年)●眼障害のクロロキン薬害訴訟で、東京地裁が国と製薬6社などの過失責任を認め、患者への賠償支払を命じる判決。
1977年(昭和52年)●PLOの東京事務所が開設。
1972年(昭和47年)●静岡の東名高速で車31台の玉突き事故。6台炎上、2人焼死。
1967年(昭和42年)●大阪府布施市・河内市・枚岡市が合併して東大阪市に。
1965年(昭和40年)●原水爆禁止日本協議会(原水協)から社会党・総評系が分裂し、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)を結成。
1962年(昭和37年)●東京都の常住人口が推計で1000万人を突破。(平成30年11月現在13,857,664人)●琉球立法院が、アメリカの沖縄統治は国連憲章違反とする決議(2・1決議)を全会一致で採択。
1961年(昭和36年)●嶋中事件。中央公論社社長の嶋中邸を大日本愛国党の右翼少年が襲撃し、家事手伝いの女性を刺殺。小説『風流夢譚』を雑誌『中央公論』に掲載したことへの抗議。
1959年(昭和34年)●神奈川県大和市が市制施行。●日本教育テレビ(NET)(現 テレビ朝日)が開局。
1958年(昭和33年)●東京都町田市が市制施行。
1956年(昭和31年)●「自動車損害賠償保証法」(自賠責法)施行。自賠責保険の強制加入を実施。
1955年(昭和30年)●国鉄が周遊券の発売を開始。●青森県三本木市が市制施行。1956年に十和田市に改称。●神奈川県厚木市が市制施行。●岐阜県土岐市が市制施行。●大阪府松原市が市制施行。●鹿児島県国分市が市制施行。
1954年(昭和29年)●マリリン・モンローが夫のジョー・ディマジオと来日。
1953年(昭和28年)●岡山県西大寺市が市制施行。1969年に岡山市に編入され消滅。●NHKが東京地区でのTVの本放送を開始。4時間にわたって劇や映画が放送された。当時、東京地区の受信契約数は866件。高校卒業の公務員の初任給が 5,400円の時代に、国産第一号として発売されたシャープのテレビは14型で17万5000円と庶民には高嶺の花。受信料は200円。その後、日本は高度成長時代に入り、1958年には100万台に。1962年には1000万台に飛躍的に普及。
1952年(昭和27年)●日本が世界卓球選手権に初参加。7種目中4種目で優勝。
1949年(昭和24年)●労働省が労働基準監督の徹底を通達し、北関東・東北地方に続出する少年少女の人身売買を取り締まる。
1948年(昭和23年)●沢田美喜が混血孤児たちの救済施設「エリザベス・サンダースホーム」を大磯に開設。
1946年(昭和21年)●GHQの指令で第1次農地改革が実施。不在地主の田畑が没収され、自作農が増える。
1944年(昭和19年)●日本海軍の伊171潜水艦が、ブカ島南西で米駆逐艦の爆雷攻撃を受け沈没。●日本海軍の駆逐艦「海風」がトラック北水道付近で米潜水艦の雷撃を受け沈没。●米軍がマーシャル諸島のクェゼリン・ルオット両島に上陸開始。6日に日本守備軍・軍属6500人が玉砕。
1943年(昭和18年)●日本軍がガダルカナル島からの撤退(ケ号作戦)を開始。7日に撤退完了。●日本海軍の駆逐艦「巻雲」がガダルカナル島第1次撤退作戦で触雷により沈没。
1942年(昭和17年)●みそ・しょうゆの切符による配給制と、衣料の点数切符制が実施される。
1938年(昭和13年)●第二次人民戦線事件。大内兵衛・美濃部亮吉ら約30人が検挙。
1933年(昭和08年)●三重県松阪市が市制施行。
1931年(昭和06年)●東京-神戸間の急行列車に3等寝台車が連結され、使用が開始。
1928年(昭和03年)●日本ビク夕ーが藤原義江の『出船の港』など日本初の電気吹込式レコードを発売。●日本共産党の機関紙『赤旗』創刊。

|

« 【昭和の人たち(02月01日が誕生日)】※敬称略※物故者略】 | トップページ | 【昭和だった人たち(02月02日が命日)】※敬称略 »

昭和のできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【昭和の人たち(02月01日が誕生日)】※敬称略※物故者略】 | トップページ | 【昭和だった人たち(02月02日が命日)】※敬称略 »