« 09月16日の【昭和の出来事】 | トップページ | 【昭和だった人たち(09月17日が命日)】※敬称略 »

2020/09/16

捨てられずに居残っているモノたち■三角スケール

【Kayさんの昆虫たち】は、画像もリンクができなくなったので、残念ですが終了させてもらいます。

次はシリーズは表題のように、引っ越しや部屋の模様替えなどで何度か不用品を捨ててきたのですが、捨てられずに居残っているモノたちを紹介していきたいと思います。皆様もそのようなものがたくさんあるとは思いますが、私にもたくさんの居残りものが、家のあちこちに棲息しています。想い出深いモノもあれば、ただ、なんとなく捨てられずにいるモノもあります。

---------------------------------------------------------

最初は【三角スケール】です。建築やインテリア系の仕事で使うスケールです。

三角柱の三つの面の両側に6種類の縮尺の異なる目盛りが刻まれています。必要な縮尺に合わせて使用面を選び、寸法を測って図面を描いたり、描かれた図面から寸法を読み取るのに使います。

Dscn3342

大学でインテリアも学びましたので授業で使用していましたが、卒業後、企画会社に入社。博物館や資料館の展示設計に携わりました。ちょうどバブル経済真っ盛りのときで仕事がたくさんあって、休み返上で図面作業をししたものです。そんな時、こいつは大活躍してくれました。

Dscn3341

最近はほとんど使うことがないので、捨てようかとも思ったりしますが、部屋の模様替えのときなどにあえて使ってやっています。

---------------------------------------------------------
私には【断捨離】など、とても無理!無理!

---------------------------------------------------------

画像をダブルクリックすると拡大します。

 

|

« 09月16日の【昭和の出来事】 | トップページ | 【昭和だった人たち(09月17日が命日)】※敬称略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 09月16日の【昭和の出来事】 | トップページ | 【昭和だった人たち(09月17日が命日)】※敬称略 »