« 藻岩山の頂上から■2020年6月21日(日) | トップページ | 【昭和だった人たち(06月23日が命日)】※敬称略 »

2020/06/22

窓辺の花■芍薬

我が家の【芍薬】が咲いています。前年よりも数が少ないですが、それなりに存在感があります。

200621002

芍薬の白は温かみがあります。伝統色言えば鉛白色かな。日本画の顔料としては鉛白は使われなくなり、そのかわり【胡粉色】があります。ただ【胡粉色】はわずか黄みがかっているので、やはり芍薬の白は【鉛白色】がふさわしい気がします。

200621003

また、白の芍薬は西村計雄さんの油絵を連想させます。西村計雄さんの作品の特徴は、やわらなか清々しい白い線が画面を踊ります。

200621004

紅色の芍薬もあります。ド・アップで撮ってみました。その中心の表情は意外と整頓されていない。でも、紅色の芍薬は圧倒的なドキドキ感、これが魅力かも。

200621001_20200622164701

これ、次の鉛筆デッサンの画材にしようかな。グラデーデーションのテクニックが試すことができそう。

200621002_20200622164801

画像をダブルクリックしたら拡大して見ることができます

撮影:Nikon COOLPIX s6600

|

« 藻岩山の頂上から■2020年6月21日(日) | トップページ | 【昭和だった人たち(06月23日が命日)】※敬称略 »

窓辺の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藻岩山の頂上から■2020年6月21日(日) | トップページ | 【昭和だった人たち(06月23日が命日)】※敬称略 »